いつか、消えてなくなるその日まで・・・忘れたくないものがある。
<< 新年初 main 体力の限界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - | - |
熱再来

こんにちはー

今日は東京良い天気でしたね〜
ポカポカ陽気で1時間ちょい外を歩いただけで汗ばんでしまいました!
気持ちよかった

さてさて。
昨日は友達と「かいじゅうたちのいるところ」と言う映画を見てきました
何と言うか、感想を書くのは難しいんですけども・・・。
と言うか、いまいち何を言いたいのか分からない内容でした
ただ、原作が絵本と言うことなんですが、
「あ、本当に絵本が基になってるんだなぁ」って妙に納得してしまうような作品でした。笑
分かりにくい・・・ですよね?笑

絵本って、誰でも幼い時にお母さんなり幼稚園の先生なりに読んでもらったと思うんですが、
その当時ってきっと本の内容や作者が伝えたいこと全てを理解してたわけではないと思うんです。
幼ければ幼いほどそれは難しいと思うし、
何より多分子供の頃好きだった絵本って、内容云々よりももっと直観的なものだったような・・・
気がするんですよね、私は
懐かしい絵本を見ると、内容よりも、母親が声色を変えて読んでくれたこととか、
この絵本の絵怖かったよなぁ・・・とか、そういうことを思う気がします
だから、この映画作品も、内容を理解すると言うよりは、
開け放した心で直に感じるものなのかなぁって思いました
結構めちゃくちゃなストーリーだけど、なぜか途中でポロポロ涙が出てしまったり・・・。
たまにこういう作品を見るのも良いなぁって感じました

ちょうど1年前位に、北乃きいちゃんと岡田将生くんが出演した映画「ハルフウェイ」を見た時も、
同じような気分になったことを思い出しました。
あの映画は、正直「ホームビデオで撮ってるのか?」って思うくらい雑な映像だったし、
たまにぶれたりもしてて、見てる間は???って思ってました
でも見終わった後、何とも言えない温かい気持ちになったんです
映画を見てあんな気持ちになったのは初めてでした。
自分でもビックリしたけど、人を感動させるってこういうことなのかなってあの時すごく考えさせられたんですよね。
知らず知らずのうちに作品に惹かれて入り込んで、頭で理解する前に心が震えてる・・・
これこそ私が追い求めてるものだって感じたんです
1年ぶりにそんな作品にまた出会えたことを嬉しく思いました!


映画と言えば・・・最近気になる映画の公開ラッシュを迎えてます
まず先週末に公開された「今度は愛妻家」
これは是非とも一人で見て号泣したいと思ってる作品です

それから「Dr.パルナサスの鏡」
昔見て好きだった「ブラザーズ・グリム」の監督さんの作品ってことと、
ジョニー・デップが出てるってことで気になってます

そして全くジャンルが変わりますが・・・「劇場版 遊☆戯☆王」。笑
ずっと前、風間君が主人公の声をやるってことでチラホラ見始めたのをキッカケに、
内容も意外と面白くてハマって見てた時期があります
まぁ、カードを使って戦うってことしかよく分かりませんけども
しかもこれ、3D上映らしいんですよね!
ついこの前、「アバター」に挑戦してきたんですが、
私としては3Dのすごさとか、2Dとの違いがいまいちピンとこなかったので、
今度はアニメで挑戦してみたいと言う好奇心です

それから、公開日はまだ先ですが・・・「パレード」
これはもう秋くらいに予告を見てからずっと気になってる作品です!
だって好きな俳優さんばっかり出てるんだもん
藤原竜也、小出恵介、貫地谷しほり、林遣都・・・むふふ
これまで何度も経験してきたように、原作を先に読んでガッカリしたくないので、
原作を買うのは保留にしてるくらい楽しみな作品なのです!

そんなこんなで、ここしばらくは映画館とご無沙汰だった私ですが、
最近映画熱が再来してます
学生の内にちょっとでも安くいっぱい見るぞ―!!笑


熱再来と言えば、最近まためちゃくちゃハマった小説があるんですよ
右横のrecommend商品にも載せましたが、その名も・・・「GOSICK―ゴシック―」
やばいですね、いーちゃん以来のハマりようです。
(“いーちゃん”って言うのは、私が中学・高校の時にこれでもかってほどハマっていた、
西尾維新さんの戯言シリーズのことです
って言うか、考えてみたら、このゴシックもいーちゃんシリーズと少し似たところが。
ジャンルとしてはミステリー・推理小説だけど、いつも謎を解く天才少女と、
その少女といつも行動を共にする少年の組み合わせ
うん、まさしくいーちゃんと友ですね!笑
このゴシックに登場するヴィクトリカと一弥もめちゃくちゃ可愛いんですよ
二人のやり取りのシーンは笑えるし、時々キュンとするし、面白い!
そしてミステリーとしても本格的なんじゃないかと私は思ってますが・・・どうでしょう?
と言うか、東野さんのようなミステリー・推理ではないんですけどね!
どっちかと言うと、ホラー
結構ビクビクしながら読む場面もあって、ほんと飽きずに楽しい作品です!
1巻を角川文庫で買って読んでハマって、なんと続きがあることに気づき、また角川文庫で2巻を買い・・・
そしたら何と富士見ミステリー文庫で3〜6巻が既に出ている!?
すぐにお気に入りの本屋さんに出向き、何と!全部買い揃えてしまいました!!
自分でビックリ
そしたら何と、他に短編集も3冊出てるとか・・・
今度本屋さんに行ったらそれも買ってきます!!
どんだけ〜!!!!笑
って言うか、この3日間で4巻まで読んでしまいました(笑)
今夜から5巻に入ろうと思います
私ってほんと一度ハマるととことん突き詰めてしまう性格なんだなぁ・・・なんて思いながらも、
手はページを捲るのに忙しく、頭は可愛いヴィクトリカと愛らしい一弥の姿を思い浮かべるのに
フル回転しております・・・・(笑)

では



| 日常 | comments(2) | - |
スポンサーサイト


| - | - | - |
comment
ちゃくら | 2010/01/22 4:48 PM
「ハルフウェイ」同感―(>_<)台詞じゃないみたいだったし、最後も??な終わり方だったけど何かめっちゃよかった☆

新居探し頑張って!!!就活終わったらお邪魔します(^∀^)ノ笑
蒼(⇒ちゃくら) | 2010/01/22 5:02 PM
お、たった今だ!!
いつもコメント本当にありがとう〜☆
新居、ウジウジ言ってたくせにあっという間に決まってしまいました!笑
でもマリッジブルーならぬ、ニューホームブルーになってますが・・・。
まぁデカイ買い物をするとなると、不安は常にあるもんよね(>_<)
今の家よりは駅近になるので、
是非ぜひ遊びに来てー!!

就活はどうですか?
何かあったらいつでも連絡してね(^▽^)b



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で (富士見ミステリー文庫)
GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で (富士見ミステリー文庫) (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
イラストが可愛すぎると少し引いてしまったアナタにこそ、是非読んでほしい一冊です!偏見すら超えてしまう作品です♪
Recommend
GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)
GOSICK ―ゴシック― (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
桜庭 一樹
ファンタジーでもあり、本格的なホラー感覚も味わえる一冊です。恋愛・ホラー・ミステリー、この内どれか一つでも興味がある方は、是非一度手に取ってみてください★
Recommend
Mobile
qrcode
Sponsored Links